13 8月 2008の一覧 | Home

近頃の読書

近頃の私の本との時間は、ゆっくり少しづつのマイペースです。







『閉鎖病棟』(帚木蓬生著)は、閉ざされた空間なんだけど決してそうではないように思いました。信頼関係が生まれ、仲間がいて、幸福も、嫉妬も、恐怖も、助けたいと願う気持ちもある。人の優しさが残る1冊でした。

『きみの友だち』(重松清著)、『僕の行く道』(新堂冬樹著)は、こぼれる涙に浄化されるとてもピュアな作品たちです。
まっすぐな気持ちは、何よりも人を強くする。

そして、現在読んでいるのが『インド旅行記4』(中谷美紀著)。これまでの1−3で紹介されてきた、中谷さんのインドでの旅の様子が写真でつづられています。インドには行ったことがないけれどとても興味がある国の1つで、これまでの旅行記を読んで少しだけ空気を感じた気分なのです。なのでこれまでの旅を思い返すようにページをめくっています。色彩が美しく、人の表情も魅力的。

まだまだ、私の部屋には「次、読んでー」と待っている本たちが沢山います。楽しみです。
2008年08月13日 10:19 カテゴリ:過去のブログ
hirajun 固定リンク    トラックバック(0) 
«Prev || 1 || Next»
<   8月 2008   >
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

リクエスト

プロフィール

カテゴリー

最新の記事

バックナンバー

リンク