〜長崎ペンギン水族館の情報をお伝えする〜「アバトーーク」3月24日

長崎ペンギン水族館の情報をお伝えする〜

null

飼育員のこぼれ話など、情報盛りだくさんでお届けします♪

長崎ペンギン水族館、飼育展示課 下村さんに
お話をうかがいました♪

先週に引き続き春の特別企画展
「タートル知っとる?〜カメの世界〜」
についてご紹介していただきました。
今月19日土曜日からスタートしている企画展で
人気があるのはケヅメリクガメだそうですよ♪

前回はウミガメの話題でしたが、
今週はもっと身近な川や池に生息しているカメ
クサガメ・ニホンイシガメ・スッポン・ミシシッピアカミミガメ
について☆

?クサガメ
水族館のビオトープにもいるカメで、長崎にもたくさん
いるそうです。特徴は首のところに黄色い模様が
あるところなんですが、大人のオスは全身黒くなることが
多いんだとか。
びっくりしたり危険を感じると、くさいにおいを出すので
「くさいカメ」→「クサガメ」になったという説もあるそうです!
ちなみにドブのようなにおいとのこと・・・

?ニホンイシガメ
ニホンに昔からいるカメで、全国的に数が減っていて
長崎ではほとんど見られなくなってしまいました。
原因は水質の悪化や環境破壊、外来種の影響と
言われているんだとか。
見た目は全体的に黒っぽく、甲羅の黄色が強いものも。
クサガメに似ていますが、一番の違いは甲羅の形で
お知り側のふちの部分がギザギザしているところだそうです。

?スッポン
時々スッポンはカメじゃないと思っている方もいるようですが、
れっきとしたカメです。ビオトープのもいるそうですよ♪
甲羅は他のカメのように硬くなく、やわらかくてぺたんこ。
鼻の先が伸びていて、シュノーケルのように水面に出して
呼吸できます。
水中生活に適応した体というわけです。
よくかみついたら離れない・・・と言われますが、
実は攻撃的ではなく、臆病な性格。
水につけるとほとんどの場合は離して
逃げていくんだそうですよ!

?ミシシッピアカミミガメ
通称ミドリガメ、アメリカ原産になります。
池にいるカメといったら今ではこのカメばかりに
なってしまっているそうです。
ペットとして飼われていたものが放されたりして
どんどん増えているんだとか。
こどもの頃は小さくてかわいいですが、
おとなになると甲羅の大きさが30cmになることも!
日本のカメに比べて気性も荒い傾向があり、
寿命も長いので持て余して捨ててしまう人が多いそう・・・
飼う前にしっかり考えて、決して捨てないでほしいですね!

☆お知らせ☆
自然学校の参加者募集!
長崎ペンギン水族館の自然体験ゾーン(ビオトープ)の
中で体を使って遊んだり、いろいろな体験をする子供向けの
イベント「自然学校」を毎年開催しています。
毎月第2・4土曜日10時30分〜12時までのプログラムで
平成28年4月〜平成29年3月までの1年間
全19回開催します。
現在平成28年度の参加者(1年間通して参加してくださる方)を
募集中です。
第1回は来月4月9日(土)です。

開催日時:毎月第2・4土曜日 10時30分〜12時
開催場所:水族館本館前
定員:各回30名
対象:小学生とその保護者
(幼児も保護者の付き添いがあれば可)
参加費:無料

◆応募方法
往復はがきに氏名(ふりがな)・住所・電話番号・
年齢(学校名・4月からの新学年)・保護者氏名を
明記の上、長崎ペンギン水族館「自然学校 参加者募集」係まで
お送りください。
4月1日(金)必着です!ご応募お待ちしています!

◆申し込み先
〒851−0121
長崎市宿町3−16
長崎ペンギン水族館「自然学校 参加者募集係」

詳しくは広報長崎3月号、水族館WEBサイト、電話で水族館まで
お問い合わせください。



2016年03月24日 11:14 カテゴリ:お知らせ
iwanami 固定リンク    トラックバック(0) 

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

<   12月 2019   >
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リクエスト

プロフィール

カテゴリー

最新の記事

バックナンバー

リンク