富士山清掃活動レポート。

コスモアースコンシャスアクト 
クリーンキャンペーン in Mt.FIJI


7月20(土)・21日(日)の二日間、
富士山の清掃活動とエコトレッキングに、
長崎代表のリスナーさんと一緒に参加してきました。

この活動はコスモ石油とJFN加盟局がパートナーシップを組んで、
地球環境の保護と保全のメッセージを
呼び掛かけていく活動の一つで、
野口健さんと一緒に清掃活動を行いました。

2013年6月26日に世界文化遺産に登録された富士山。
夏休み最初の週末とあって、私たちが訪れたこの土日も、
多くの人が登山を楽しんでいたようです。
その富士山の美しい面はもちろん、そうではない面も体験し
学ぶことのできた2日間でした。みなさんにも知ってほしい、
富士山の今の姿がそこにはありました。
写真とともにお届けします。


<1日目:山中湖村 桧丸尾エリア清掃活動>

今回参加したのは、JFN38局のパーソナリティと、
各局のリスナーのみんさん、富士山クラブや
スタッフのみなさん総勢187名。
エリアごとにチームを組み、野口健さんや富士山クラブの
方々の話をききながら、
少しでもゴミを「発掘」し、きれいにすべく、
約2時間の清掃活動を行いました。

大きな道路からちょっと入ったこの樹海へ
続く道。車1台は十分に通れるこの道の
周りは木々に囲まれているのですが・・・・

その緑の中に、たくさんのゴミが捨てられていました。

一見キレイに見える木々の根っこや、土ですが、
掘り起こしていくと、ガラスやビニール、
靴や鉄くずなどなど・・・決して土にかえることのない
様々なゴミが。


佐世保から参加してくださった
田中シスターズと私の3人が担当した場所では
こうしたゴミが多く、さらにこの付近は鹿が通る
道なんだよ、とスタッフの方に教えていただきました。
「なんだか悲しくなりますね。」
「でも、ちょっとでも減らしたいですね、
小さなゴミほど生物に影響を与えるそうだから
がんばってきれいにしましょう!」と声をかけあいつつ。

さらに奥の方では、タイヤ・コンクリート・粗大ゴミなど
不法投棄された大きなゴミの数々。


その場所を他のチームのみなさんと
何度もリアカーで往復しながら担当してくださったのは
るいこすたさん親子。

るいこすたさんは2002年に一度参加され、
なんと今回はその年に生まれた息子さんと一緒に
参加してくださいました!
息子さんも、とってもいい顔してましたよ♪

<2日目:富士山三合目バス停〜5合目までを
エコトレッキング>

1日目の夜は懇親会・勉強会でより深く富士山について
知ることができ、いよいよみんなでエコトレッキング!
富士山クラブのガイドさんの解説を聞きながら、
五合目の奥庭荘をめざしました。


この道は、予想以上にきついのぼりがあったり、
倒木があったりと、整備されていない道。
でも、富士山の美しい自然そのままが
残っていました。
コケに覆われた木々や土。

倒れてしまった木の上からさらに新しい芽が・・・・


鳥の声や肌に触れる風を感じながら
歩くこと、二時間半。
目の前に広がった美しい富士山に、
疲れも一気に吹っ飛び、みんなこの笑顔。



長い長い年月をかけて育ってきた木々や
この美しい自然。
たった一瞬でその自然を汚してしまうのは人間。
きれいにするのにはたくさんの労力と時間がかかります。
「一人の力は小さいかもしれませんが、
一人でも多くの人と自然を守るために行動し、
それを継続していくこと、そして広げていくことが
大事なんです」
野口健さんにも教えてもらったこと。
富士山だけではなく、自分の住んでいる街や愛されている場所、
土地を守るために何ができるかを考えて
行動していきたいと感じた二日間でした。



今回回収したゴミの量・・・
容積は45リットルゴミ袋455袋分 
=20,475リットル

そして重量は
可燃ゴミ = 1,220kg
不燃ゴミ = 1,760kg
コンクリガラ = 3,980kg
合計 6,960kg
でした。
2013年07月26日 10:10 カテゴリ:お知らせ
takahashi 固定リンク    トラックバック(0) 

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

<   12月 2019   >
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

リクエスト

プロフィール

カテゴリー

最新の記事

バックナンバー

リンク