08 6月 2008の一覧 | Home

雨deキレイな日曜日。

雨が降り始めてきましたね。
空気がキレイになりますゾ。
お部屋にアジサイを飾ってみましたの。

さて、ちょいとお出かけしよーっと┌( ・_・)┘


まずは、腹ごしらえ。
食べたくなったから、セイラーマンの「ちゃんぽん」を。なんか、食べたくなるのですよねー。
美味し♪


で、コチラにやってきました。
遠藤周作文学館。

先月から企画展「遠藤周作とフランス」ってのをやっていて、みたかったのです。
遠藤さんがフランスに留学をされたときの日記や、ご家族からのお手紙が展示されていたり、敬愛する文学の中の主人公の気持ちを自分で感じるべく巡った文学舞台のことetc.展示されています。

こういう背景を知ってみると、遠藤さんの作品の裏側が見えてくるもので。
「『留学』の主人公は、遠藤さんの留学経緯と重なるものだったのか」とか、「『深い河』の中で透明感を放つとても純粋な存在・ガストンさんは、実は新聞連載小説「おバカさん」で生まれ、遠藤さんの3作品にわたって登場している人物で、そのモデルとなった神父さんとフランスで出会ったのか」とか。

私は遠藤周作さん作品の、人間の矛盾のようなものと葛藤しているような感覚。そしていつもとてつもなく、泣けてくるくらいピュアな存在があるところが好きです。ひと筋の光が見えてくる。彼自身がそういう感情をもち、悩み、葛藤し、願っていたのかもしれない。それに、人間という生き物は誰しもそういうものなのかもしれない、と思ったりもします。

私が知る遠藤周作さん作品はまだまだほんのカケラですが、時がきたら、私の感情に入れたい作品を手にとり、ゆっくりと読みたいと思うのでした。
2008年06月08日 13:22 カテゴリ:過去のブログ
hirajun 固定リンク    トラックバック(0) 
«Prev || 1 || Next»
<   6月 2008   >
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     

リクエスト

プロフィール

カテゴリー

最新の記事

バックナンバー

リンク