06 12月 2006の一覧 | Home

その声が

耳に入るや否や、片手はコートを、片手にはおサイフをひっつかみ、次の瞬間、オジさんに注文個数を告げている自分に気づきます。

ヒトは一連のこの動作を、無意識のうちにやってのけます。それは、あたかも肉食獣が、風下から音もなく獲物に近づくように…。

そしてこの行為は、人類のDNAに脈々と受け継がれており、その連鎖を誰も止めることは叶いません。貴方がもしこの行動をとったとしても、少しも恥じることはありません。むしろ、人としての正しい道を歩んでいる喜びを感じて下さい。

それにしても、割と大きかったとは言え『4ケ1000円』というのはいかがなものでしょうか…。このあたりが相場なんでしょうか。


2006年12月06日 21:48 カテゴリ:旧ブログエントリー
katsuki 固定リンク    トラックバック(0) 

もう

鬼も笑わないでしょう。

売り場には『ケーキご予約』と『お歳暮』、更に『おせちご予約』コーナーが所狭しと設けられ、慌ただしさを感じさせます。


2006年12月06日 17:44 カテゴリ:旧ブログエントリー
katsuki 固定リンク    トラックバック(0) 

癒しの旅〜旅立ちの日編〜

体も胃袋も心も満たされて・・・幸せな気分でてんぴゅ〜るのベッドにDIVE・・・!
快眠、というか爆睡。ありがとう雲仙・・・ZZz・・・

〜翌日〜

最高に幸せな気分で目覚めた朝は、ご飯もおいしいっ!ってもんです☆




魚の干物や新鮮赤たまごの目玉焼き、湯豆腐など、テーブルの上で調理、温めます。何からたべようかまよっちゃいますね♪幸せな悩み・・・☆

 おや・・・?

テーブルに、福田屋特製たまごかけご飯の醤油を発見(写真左手前)。
どうしてもトライしてみたかったので、赤たまごをも一個いただきまして。
割ったら、ぷるんっと飛び出てきました♪




新鮮!これをでいただきま〜す!
黄身が黄色い!フレッシュ!!そして美味☆

ところで。
今回私達は「仲良し母娘で仲良く温泉“い〜風呂プラン母娘”」というプランで宿泊しました。コレには、嬉しい特典があり、なんと、同じ雲仙の街にあるお店の岩盤浴無料券や、中国茶無料サービス券もついてくるんですよ☆
モチロン利用しました!『中国茶 茶仙』で、お店の方の楽しい解説を聞きつつ薔薇のお茶をいただきました。鼻にふわっとした花の香りが抜けて、あたたまります。自分が満喫したのはもちろん、母もとても楽しそうだったのが嬉しかったなぁ☆



 


***
ほんっとうに、癒されましたっ。
「3(スリー)『お』」ですよ!!
素晴らしい「お」風呂と、「お」食事と、そして「お」もてなし。
細かい所にお宿の方の心遣い、気配りが散りばめられていて、温かい気持ちになれました。
お宿の方のおもてなしは、宿をでて、帰りの車の中でもつづくのですが・・・
それは実際に泊まった時に味わっていただきたい。のでヒミツです☆
感動です(><)☆


この一泊二日で、
心と身体にからみついていた余分なもの、不要なものが流れ落ちて、新しいパワーが充電された感じ☆



ただ・・・。お留守番をさせてしまった父よ・・・ほんっとうにうらやましそうだったよね・・・(笑)。
ごめんね(><)
あら?
ちょっと寂しい気持ちになったお父様方へ☆
私達が利用した母娘プランの他にも、団体向けの「鍋奉行呑み放題プラン」、自分へのご褒美「おひとりさまセレブプラン」、「男の休日がっちり友情プラン(←気になりません?!)」など、目的や相手に合わせた30近いプランがあるので、きっと希望に合うスタイルが見つかるハズ!!

これからが本格的な冬。
大切な人と、体・心の芯から温まりに、おでかけになってはいかがでしょうか♪??




2006年12月06日 15:55 カテゴリ:旧ブログエントリー
nakamura 固定リンク    トラックバック(0) 

癒しの旅。〜うまいものはうまい!編〜

お風呂に入ってリラックスしたら、何だかお腹が空いてきた!
ということで、まちに待った夕食ですよ。
囲炉裏を囲んでほくほく幸せなひととき・・・♪

gohan.jpg

じゅわわわわわゎゎ・・・
って音が聞こえてきそう・・・★

awabi.jpg

天然アワビが、石板の上でイイ香りを放っている・・・!
この他、私は馬刺、母はステーキにふぐ刺し。焼き物と刺身、それぞれチョイスできるパックだったので、仲良く分け合って食べました♪
あとは、茶碗蒸しに小鉢、お餅に豆腐にしめじに肉団子ともりだくさんのすいちょる鍋(すいちょる=好きな)、最後は雑炊でいただき、




シメにはデザートまでしっかりありましたよん♪
お宿の方との会話を楽しみながら、ゆっくりじっくり、ひとつひとつの料理を堪能できました。





2006年12月06日 14:38 カテゴリ:旧ブログエントリー
nakamura 固定リンク    トラックバック(0) 

癒しの旅。〜湯けむり編〜

ちょうど日没のころ。もうこの時間雲仙は寒いッス。
そんな中、冷たくなった手足を白濁のお湯にトプンと沈める。じわっと体が溶けていく感覚が何とも言えず、自然と「ぅぁぁあああぁ・・・・」という感嘆の声が出ます。
湯気の向こうには雲仙の自然、見上げれば月明かり。いとをかし。
露天風呂は2種類、「さえずりの湯」と「せせらぎの湯」。男女日替わりで入浴できるので、一日目の夜と翌日の朝風呂で制覇出来ます♪





さらにこの露天とは別に、4種類の貸切家族湯もあり。もちろん体験してきました★
「溶岩の湯」「火の木の湯」「三太郎の湯」そして「丸太ん棒の湯」。
私が入浴したのは、

ohuro.jpg

「丸太ん棒の湯」。屋根有り露天で、その名の通り丸太で四方を囲まれているお風呂です。
丸太を通って源泉からお湯が絶え間なく流れています。
景色もお湯もふたりじめ〜♪


し・か・も!
お泊まりのプランによっては貸切家族湯利用者には、瓶牛乳か、「呑んべえセット」が付いてくる!!
写真手前にあるモノがそれです。
ほわっとあま〜い濁り酒で、今夜の綺麗な夜空と月に乾杯・・・★☆★
贅沢な時間って、このことだ・・・(^^*)





2006年12月06日 14:34 カテゴリ:旧ブログエントリー
nakamura 固定リンク    トラックバック(0) 
«Prev || 1 || Next»