癒しの旅。〜湯けむり編〜

ちょうど日没のころ。もうこの時間雲仙は寒いッス。
そんな中、冷たくなった手足を白濁のお湯にトプンと沈める。じわっと体が溶けていく感覚が何とも言えず、自然と「ぅぁぁあああぁ・・・・」という感嘆の声が出ます。
湯気の向こうには雲仙の自然、見上げれば月明かり。いとをかし。
露天風呂は2種類、「さえずりの湯」と「せせらぎの湯」。男女日替わりで入浴できるので、一日目の夜と翌日の朝風呂で制覇出来ます♪





さらにこの露天とは別に、4種類の貸切家族湯もあり。もちろん体験してきました★
「溶岩の湯」「火の木の湯」「三太郎の湯」そして「丸太ん棒の湯」。
私が入浴したのは、

ohuro.jpg

「丸太ん棒の湯」。屋根有り露天で、その名の通り丸太で四方を囲まれているお風呂です。
丸太を通って源泉からお湯が絶え間なく流れています。
景色もお湯もふたりじめ〜♪


し・か・も!
お泊まりのプランによっては貸切家族湯利用者には、瓶牛乳か、「呑んべえセット」が付いてくる!!
写真手前にあるモノがそれです。
ほわっとあま〜い濁り酒で、今夜の綺麗な夜空と月に乾杯・・・★☆★
贅沢な時間って、このことだ・・・(^^*)





2006年12月06日 14:34 カテゴリ:旧ブログエントリー
nakamura 固定リンク    トラックバック(0) 

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。