07 12月 2006の一覧 | Home

そのメニューが

あれば、必ず注文する“ごぼう天”。

ダシ本来の味を損なうこと無く、麺の軟らかな食感と、絶妙な口腔内ハーモニーを奏でてくれます。また、寿司屋さんで“タマゴ”を頼むのと同じく、その店の個性と潜在能力を見ることができます。

ずっと以前から行きたかった、佐世保・島瀬公園そばの老舗“たて石”の暖簾を、ようやくくぐることができました。こちらのごぼう天は薄切りで、パリッとした歯ごたえが楽しめます。ダシは、長崎では中々味わえない“しょっぱい”タイプ。太めの麺と相性抜群です。

お店では、“懐かしのメニュー”ちゃんぽんが復活しているそうですので、次回は是非食してみたいものです。


2006年12月07日 22:49 カテゴリ:旧ブログエントリー
katsuki 固定リンク    トラックバック(0) 
«Prev || 1 || Next»