11 10月 2006の一覧 | Home

秋は・1

“麺食い”。食欲はやはり細く長〜く満たしていきたいものです。

FMから歩いて3分、中通り添いにある老舗=その名もズバリ『コロッケ』。すぐ近所のお肉屋さんとコラボレートしている自慢のコロッケは、外はサクっと、中身はトロ〜リ…という、世のグルメとシェフが追い求めて止まない理想のカタチを実現。長きに渡って、常にその時代時代の若い女性のハートと胃袋を捉えて離しません。

カレーやピラフへのトッピングなど、様々なバリエーションがあるなか、私が今回セレクトしたのは、濃い目の味付けのナポリタンとアツアツのコロッケが運命的な出逢いを果たした、オトナも子供も大満足間違いなしの一品。

洋食なのに白ご飯が欲しくなる…、長崎らしいメニューと言えますね。


2006年10月11日 21:17 カテゴリ:旧ブログエントリー
katsuki 固定リンク    トラックバック(0) 

秋は・2

私が長崎に住み始めたのは1989年。その頃食べられなかったのが、皿うどんの“太麺”。

博多の極細で育った私には理解を越える直径を誇る麺。その自己主張の強い麺の上にトロ〜リあんかけという“これでもか攻撃”。そして極めつけは、その味付けの甘さ!!

互いに絶対譲らない三者がひとつ皿の上で展開する灼熱のバトル!

『これはダメだぁ』と、思っていた私に転機を与えてくれたのは、“ウチの地元のは美味しいよ〜”と教えてくれた大村出身のFMのスタッフでした。

(中略)

人付き合いも同じではないでしょうか。『あの人のこういう所が苦手』というポイントは、殆どの場合、ほかの人が『好き』というポイントと重なるものです。

(後略)

かくして、ここ最近は、ちゃんぽん屋さんに行くと必ず注文するようになったのでした。


※上記(カッコ)内は、食への飽くなき探求と涙と笑いで綴ったエッセイ集『香月の麺’S倶楽部・第1集』に掲載!乞うご期待!!

なお、発行予定はありません。


2006年10月11日 21:10 カテゴリ:旧ブログエントリー
katsuki 固定リンク    トラックバック(0) 
«Prev || 1 || Next»