ガーデニング W杯 by Mark

祝!!

石原和幸さん

2年連続 ピープルズ・チョイス 受賞!!



11月6日まで ハウステンボスで開催中のイベント

ガーデニング ワールドカップ
フラワーショー in ナガサキ 2011


一般投票で決まる「ピープルズ・チョイス」に、今年も番組レギュラー=石原さん制作の"茶の庭"が選ばれました!!

今朝(10/13)のコーナーでもお話しましたが、茶室の天井や棚田など 力作ポイントはもちろんのこと。

蝶やトンボなどの生き物が自然と集まってきているのも印象的でした。

↓ちょうちょが止まっているのが見えますか?

(PC閲覧であれば、画像クリックでポップアップ拡大できます。)



世界各国から16組のガーデナーが集結し、"平和"をテーマに造られた芸術的なお庭。

100?サイズの《ショーガーデン部門》

25?サイズの《スモールガーデン部門》

そのほかコンテナガーデン、壁掛けバスケットの花装飾、出展ブースなどなど 何種類もの楽しみ方があります♪

開花状況などを考慮して、お早めにお出かけ下さいね!


(以下、個人的に印象的だったガーデンの写真を。)

去年も出場されていた ジョナサン・デンビー(イギリス)

絵本“ピーターラビット”の物語に登場する、Mr.マグレガーの家がイメージされた庭。

復興のメッセージが込められたヒマワリも力強く咲いていました。



デイビット・ダビットソン (南アフリカ)は、母国の民族的な小物や多肉植物を取り入れた 個性的なガーデンでした。



かわって、スモールガーデン部門。

1番好きだったのは、男女ペア出場の ディミトリ・セナキス&マロ・アヴラボウ(フランス)

鮮やかな色づかい、花と写真の融合。どの角度から見ても美しかったです。

(画像クリックでポップアップ拡大できます)




これらの写真は ほんの一部分です。

そして何より 色彩、匂いなどは現地でないと体感できません。

ぜひ会場へお出かけください!
2011年10月13日 13:30 カテゴリ:朝マーク
MARK 固定リンク    トラックバック(0) 

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。