自炊男子 by Mark

今朝(9/12)の番組でご紹介した小説

自炊男子 「人生で大切なこと」が見つかる物語

著者は大分県のご出身で、九州大学大学院農学部研究院 助教:佐藤剛史さん。

「自炊男子」というタイトルから、手料理のメニューやレシピなどが出てくるものをイメージしそうですが、男子大学生が自炊をきっかけに変化していく姿を描いた内容です。

"いただきます、ごちそうさまと言う理由は?"

"もし外国の農産物が新鮮で、おいしくて、安全で、しかも安かったら…それでも日本の農業は必要かどうか?"

など、帯に"自己啓発書"と書かれているとおり、ハっとさせられるエピソードも多く 学び多い1冊でした

舞台が福岡なので、九州人は親しみがもてる!そして文章が読みやすい!



現代書林から7月に発売されたばかりです。

秋の夜長に読んでみては?
2011年09月12日 17:00 カテゴリ:朝マーク
MARK 固定リンク    トラックバック(0) 

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。