×じでんしゃ→○じてんしゃ

3月も中旬、春を少しずつ感じる季節になりましたね。そうなると外で過ごしたくなるものですが、長与町でサイクリングはいかがでしょうか?


今回の長与Personのコーナーではムラセ自転車商会の3代目、村瀬彦次郎さんにお話を伺ってきました。ムラセ自転車商会は明治時代に創業、なんと約150年の歴史を持ったお店なんですよ。長崎市で創業し、長与町へは昭和52年に移転して来られたそうです。






僕が実際に村瀬さんとお会いし、お話を聞かせていただいていった上で抱いた印象は「職人」。自転車にかなり情熱を持った方だなと感じました。自転車とムラセ自転車商会の歴史をお聞きすると丁寧に教えてくれましたよ!村瀬さんは幼少のころから自転車と関わり、おじい様やお父様から技を盗んでいったそうです。そして小学3年生の頃には自転車の修理をしていたとか!


インタビュー当日、お店にいらっしゃったお客さんは村瀬さんについて「とても優しいし、何より技術がある。安心できる。」とおっしゃっていました。何と村瀬さん、自転車を持ち上げて軽く落とした時の音で何が故障しているのか分かるそうです!まさに「熟練の業」ですね。


そして村瀬さんにとって欠かすことができない人が奥さんの公子さん。村瀬さんは何度も「奥さんの支えがあったからやってくることができた、本当にありがたい。」とおっしゃっていました。2人の会話の様子から夫婦の絆の強さが伝わってきた気がしました。



村瀬さんは数年中に息子さん達にお店を託していく方針でいるということをおっしゃっていました。これからも長与の町には欠かせないお店になりそうです!


ムラセ自転車商会

住所:長崎県西彼杵郡長与町嬉里郷456-10
※長与町商店街、長与交番向かい
電話:095-883-1579
営業時間:8:30〜19:00
定休日:木曜日


実は自転車大好きで、昔は狂ったように乗っていました。最近運動不足だし、サイクリングいこうかな〜!
リョウでした!

2013年03月12日 15:41 カテゴリ:放送後ブログ
nagayo 固定リンク    トラックバック(0)