すとーん



デザイナーさんから、案内が届きました。

−samulo
鹿児島にshopがあるアクセサリーのデザイナーさんで、彼は世界中いろんなところを巡ります。国や時代を超えて集まった石やビーズたちがひとつのアクセサリーに繋がるって、なんだかとっても神秘的に思うのです。

思えば、石に対しては子供の頃から注目度が高かった。
近所の空き地にあった大きな石を“石の神様”とたたえ、駄菓子やらアイスやらをお供えしては「成績があがりますように。運動会で一等賞になりますように。」などお願い事をしていた。
神と称するわりにはワシャワシャと石に登ったり、決して扱いが丁寧だったわけではないけれど、石のパワーみたいなのを感じていたのでしょう。

近頃ほのかに装飾系の私は、“トルマリン”のリングを身につけています。ブルーのようなグリーンのようなその石は、気が付けば見つめてしまう、惹きつけるものを秘めている。
そして先日リスナーさんから頂いた私の誕生石、カーネリアン。古代エジプトやインドで‘愛の石’とされ、原産地はインドやブラジルらしい。
インド。私がとても興味を持つ場所です。なにかしら縁があるようだ、と思ったりする。

ビーズや石でつながるアクセサリーのように、人は何か繋がっているのだろう、と何となく感じるのでした。
2010年07月29日 16:00 カテゴリ:ヒラジュン日記
hirajun 固定リンク    トラックバック(0) 

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。