百薬の長 by Mark

時津のパン屋さん:ブーランジェリー Kona
店長の浦馬場さんに「発酵道」という本を借りました。

千葉県の寺田本家という酒蔵に関する書籍。

昔ながらの酒づくりについて

お酒と健康の関係性について

とても分かりやすく記してあります。

特に興味深かったのは"原材料が玄米"という、常識破りの日本酒!

読み進めるうちに実際呑んでみたくなったのは言うまでもなく。

自然食レストラン:ティア長崎銅座店で販売されていたので即購入!

栓を開けるとき、注ぐときにシュワシュワ〜と泡立つのは酵母菌が生きている証拠。そして肝心の味わいは… なんと表現すればよいものか(苦笑) 酸味や香りがとにかく個性的。決して美味しい酒ではありません。

が、造り方と材料が信頼できるので、安心して口にできます。



食の安全性が改めて見直されている昨今。

皆さんは何を基準に飲食物を選ばれていますか?
2013年11月22日 19:00 カテゴリ:Diary
MARK 固定リンク    トラックバック(0) 

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

<   9月 2021   >
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リクエスト

プロフィール

カテゴリー

最新の記事

バックナンバー

リンク