名前、というプレゼント

今日(4/17)のテーマにちなんで、うちの子の話を。

ちょうど6年前の今ごろ。授かった2人目の赤ちゃんの出産予定が7月だったので「そろそろ名前を考えなきゃね」と妻と話していたときのエピソードです。

ちなみに1人目は男の子と判明したので、嫁さんが使いたい漢字"悠"を先に出し、それに合わせてもう1字を僕が考えて"悠吾(ゆうご)"と名付けた経緯があります。

さて、息子が寝たあとの命名会議にて。

嫁「2人目は女の子らしいけん、パパが先に考えん?」

僕「じゃあ、パーソナリティの子どもやから言葉を大切にしてほしいってのと、7月(文月)生まれってことで"文"って漢字を使いたいなぁ」

嫁「ふみ?あや?どっちで読む?」

僕「ふみだとイニシャルがFM、あやだとAMになるけん、ふみで!」

なんて会話をしながら、この日は結論を出さずに就寝。

それから数日後。

2才9ヶ月の息子が突然こんなことを言ったんです。

「あかちゃんのなまえ、ふみこってつけよう」

!!!!

前述のとおり、命名会議のとき息子は寝ていたんです。

しかも寝室とは別のところで話し合っていたので、長男は僕たち夫婦のやりとりが聞こえていたはずはない。なのに見事なまでのシンクロ!嫁さんと目を合わせて「もうそれしかないね!」と。

2004年7月14日に生まれたその命に"文子"という名前を贈りました。

 

名付け親(左)と、話の主人公(右)

トムとジェリーのように、ケンカしてても仲良しな2人。

(写真は長崎県美術館で販売されているグッズ)


☆★☆★☆★


さて、最後のオチ的ポジションとして(笑) Radio Name : カルカッタは軽くなかったサンのメッセージを紹介します。

いつもは漫画:BOYS BE...ばりの純愛を壮大に描くフィクションを得意とする彼が、今回は苦笑いレベルのメッセージを送ってくれました。逆にそのギャップが面白かったので転載します(笑)

先に言っておきますが、本当にくだらないので

《読まない》という選択肢もありですよ!


では!


↓ ↓ ↓


僕の名前はお父さんとお母さんが運を運んでくる子供になるようにと思い、運子(うんこ)と名付けられました。だから僕の名前は長谷川運子と言います。

でもやっぱり小さい頃からこの名前が嫌いだったので、18歳になったその日に市役所に行って変更手続きをしました。

今では晴れて名前も変わって、楽しい毎日を送っています。因みに今の名前は山下運子です。


自分でも笑っちゃうくらいくだらないメールを送ってしまったことを心から謝罪します。



↑ ↑ ↑


カルカッタさん、また楽しい作品お願いしまーす(笑)
2013年04月17日 20:45 カテゴリ:Diary
MARK 固定リンク    トラックバック(0)