運慶流@佐賀県立美術館



週末、佐賀へ出掛けてきました。仏像さんに逢いに。

仏像ガールの『仏像の本』を読んで以来、じんわりと仏像モードな私は「実際に見るのが一番だろう」と思い、気になっていたこの特別展へ。
予想以上に面白かったデス。
本で読んで知ったことを自分の目で確かめたのは勿論のこと、展示会ならではの新たな発見もっ。
だって、仏像サマ(運慶作「大日如来像」)のX線なども見れちゃったのですよ?こんな内側まで見せていただいて・・・すごい。
何故か「人の歯」が針金で巻き付けられて中にあり、仏サマに魂を込めるという意味での「水晶」が埋め込まれていたり。驚きの連続でありました。

学芸員の方がとても興味深いお話をきかせてくださり、その仏像が作られたときの時代背景や仏像に込められた想い、それ故にこういった仏像の姿形になったということを知ることが出来ました。
何も考えず、目の前に立ち、視線を合わせてみることの大切さは、人との関わりとも似たものでもありました。

年配の方だけでなく、お若いかたもチラホラ。
興味がある方は、かなり見応えのある展示会でしたのでお出掛けされることをオススメします!
その際には、休館日もあるのでHPをチェックしてみてください。
2009年01月19日 17:00 カテゴリ:過去のブログ
hirajun 固定リンク    トラックバック(0) 

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。