今年のうちに。









師走ですね。
何だかバタバタと過ごしながらも、私は自分の時間というのも確保できていて、これがまた有難い時間であります。

今年も残りわずかとなり「やり残したことは何だろか?」と思い、孔子廟へようやく出掛けてきました。
あいにくの雨模様でしたが、雨の孔子廟がまた良い。
濡れた地面に映る建物や、しっとりとした中での色味も素敵でなおさらゆっくりと過ごしました。

私がみたかったのは、博物館の2階で開催中の「中国清代の茶道具展」。
お茶が好きで、茶器が好きで、美しきものを鑑賞するのが好きで・・・そんな人にはたまらない楽しさでした。
かなり貴重な60点の茶道具たちは、非常に美しく、その繊細な技術を前から横からじっくりジロジロと堪能してきました。急須や茶杯ばかりでなく、持ち運ぶ時のキャビネットや魔法瓶もあったりするのですよ。
個人的には翡翠で出来た茶器たちが好きでした。あれがもし我が家にあったならば、それはもう一日中眺めて過ごすことでしょう。

みたいと思いながらもズルズルとタイミングを逃してしまっているものって、案外多いかもしれません。
今年みたいと感じたものは今年のうちに!そう出来るとよいですよね。
残る2008年、時間を上手く使って有意義に過ごしたいと思います。
2008年12月24日 13:52 カテゴリ:過去のブログ
hirajun 固定リンク    トラックバック(0) 

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。