舟越保武展




長崎県美術館の「舟越保武展」へ出掛けてきました。

見終わった後しばらく言葉を失ってしまった。
あまりに美しく、激しく、神聖なのです。
作品に生命を吹き込むとか、そういうことでなく、生命そのものを生み出していたように感じてしまった。ふと、この世に神がアダムとイヴをつくりだしたことを思いました。

近いうちに、二十六聖人の像を見に行こうと思います。
2008年10月22日 21:30 カテゴリ:過去のブログ
hirajun 固定リンク    トラックバック(0) 

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。