雨にも負けないニクい あ ・ い ・ つ

今年もこの季節がやってきました。

そうです。
1年に1度だけ、この時期にweb上で息を吹き返すあの・・・


HYRAKAWAAN24!




戦慄のハードロックブラザー、HYRAKAWAAN24
今年も黒潮に乗って、約束の地・稲佐山にたどり着いたvo.アユミHELLは
いつものようにヒリヒリした空気をまとっている。

オジー・オズボーンのオファーを(夢の中で)断ってまで
Sky Jamboreeのオープニングアクトにこだわり続ける彼女にとって
この空間が一番の血がたぎる聖地なのかも知れない。
その証拠に、2007年から7年連続で出場している彼女の記録は
10-FEET、KEMURIに迫る勢いなのだ。


例年どおり、開場の2時間前。

ステージとアリーナ(←アユミHELLはこう呼ぶ)を
激ヤバなテンションで行き来する彼女の激写に成功した。


最前列のオーディエンスにハードロックを教授するアユミHELL


魂を込めてこぶしを振り上げろ!


PAさんに向かって「ドラムの返し、もっと!(怒)」

1曲目はアコースティックEDM。
アコースティックなのに、流行のエレクトロを取り入れた矛盾も何のそのの
キラーチューン。
このあと登場する髭を存分に意識したセットリスト。

アユミHELLに不可能はない。



HYRAKAWAAN24 初出場時の記事はこちら → ☆★☆

2013年08月30日 17:56 カテゴリ:Diary
MIDO 固定リンク    トラックバック(0) 

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

<   9月 2021   >
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

リクエスト

プロフィール

カテゴリー

最新の記事

バックナンバー

リンク