Stay Gold! by Mark

番組テーマ「丼」にこじつけて?ブログ更新。

(地元バンドのマニアックな話です。笑)


先週末参列した友人の結婚式。

僕が大学生のころに活動していた「Dog Pepper」が、よく一緒にライブしていた「DoN」のベース:マンキが結婚ということで、久々にバンド仲間が再開。

当時「DoN」はメンバーみんな高校生で、荒削りながら勢いのあるサウンド、キャッチーなメロディが心を掴むメロディック・パンクバンドでした。

なかでも彼は、ライブ中ずっと楽しそうにニコニコしながらベースを弾いていた表情が今でも印象に残っています。

今は神戸でアパレルの仕事をしていて音楽できてないらしいけど、手足の長さを活かして低く構えるベース姿がカッチョいいからまた見たいなぁ。

マンキおめでとう!



DoN ボーカル:ユウヤとの2ショット。

この日の披露宴でBGMとして流れた「DoN」の曲を聴いて、当時の地元インディーズシーンは面白いバンドがたくさんいたなぁとしみじみ感じました。

Hi-STANDARD直系のメロコアバンドと、Kemuriに影響を受けたスカ系バンドに大別できるぐらい、音楽的バラエティは多くなかったものの、どのバンドも純粋に曲がいい!だから今聞いても色褪せない輝きを感じるんです。

決して懐古主義とか、思い出を加味して言うわけじゃなく、今がんばっているカッチョいいバンドにも聞き劣りしない気がします。

ロシアヘッド、Dark Side New Age、minimum wage、Regular Stance、MEGA BABOON、DO NO 8などなど。

10年ちょっと前に活動していた最高の地元バンド。

機会があれば音に触れてみてください。

ホントにかっこいいから!


(おまけ)

地元音楽シーンに詳しい人ならツボな写真かも!?



後列左から ex. DO NO 8ボーカル:マサシさん (現在はHigh Beach Back Breakerと並行して、THE RADIO STONEでも歌ってもらっています。)

10年以上長崎のバンドシーンを支えるレコーディングエンジニア&ライブPA:陣原さん

ex. DO NO 8、現在は僕のバンド「THE RADIO STONE」のドラム:こうじ

90年代以降の長崎パンクシーンに多大な影響を与えた伝説の3ピースバンド「ロシアヘッド」のベース&ボーカル:シゲオさん

最近バンドマンとしての顔も取り戻したラジオDJ
2012年12月18日 22:11 カテゴリ:Diary
MARK 固定リンク    トラックバック(0)