commons 茶葉料理レシピ

今日はフレッシュな新茶を余すとこなくいただく「茶葉料理」をご紹介しました。いかがでした?
お茶所の皆さんが教えてくださったレシピ、是非作ってみて下さい☆★

【茶がゆ】・・・佐賀県嬉野「お茶がゆ会」より

1カップの米に対して、8カップの水&8gほどの茶葉(茶袋に入れて)を一緒に炊きます。途中、茶袋をしぼって栄養分を出す。
最後に塩をふって出来上がり!
*写真は、茶がゆアレンジの「茶ご飯」。
水:煎れたお茶=4:6の割合でご飯を炊いてみました。ほのかに香る爽やかご飯で食もすすみますよー。

【茶殻の佃煮】・・・長崎県「北村茶園」より。

煎れたお茶の残った茶殻を使って。
材料)茶殻、きざみ昆布、ちりめんじゃこ、ゴマ、酒、しょうゆ、酢
?ちりめんじゃこをからいりして、いったん別の器に。
?茶殻と水でもどしたきざみ昆布を、酒・しょうゆ・酢でこげないように注意して煮詰める。
??に?を混ぜあわせ、器にもりつけてゴマをかける。完成!
*そのままアツアツご飯といただいても、おにぎりにも、お茶漬けにしてもGOOD♪(ちなみに私、茶ご飯+茶がら佃煮でお茶漬けしてみました。美味でした!)

【玉露の酢醤油】・・・福岡県八女「星野村“茶の文化館”」より。
フタ付の湯のみに玉露茶葉をいれて、低め温度のお湯を注ぐ。
フタで少し蒸らして、フタをずらし茶葉をおさえるような感じですすり飲む。これで4回ほど飲み(徐々にお湯の温度はあげていく)茶葉がひらききったら、最後に酢醤油でいただく。

他にも、生の茶葉をてんぷらにしていただいたり!
お茶は茶葉にも栄養たっぷり。是非、存分に味わってください。
2010年05月11日 01:12 カテゴリ:commnos
hirajun 固定リンク    トラックバック(0) 

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。