すいみんぶそく by Mark

寒い夜にアーロ・ガスリーを聴きながら鍋を囲み。

美味しいワインと刺激的な会話。

そして何故かオジー・オズボーンのお面(笑)



絵本作家:長谷川集平さんのご自宅にお招きいただきました。

かねてより「じっくり音楽談義をやりましょう!」と約束していたんです。

というのも、集平さんは音楽家としての表情もお持ちでいらっしゃいます。

ブルーグラス、ブルース、フォークなどに造詣が深く、こんな評論本も執筆されたほど!



1991年 発刊。「音楽未満」

モーツァルト、ベートーヴェン、ジョンレノン、DEVO、ジョンリーフッカー、FRICTION、坂本九など、実に様々なミュージシャンを集平さん目線で解説した本。イラストも秀逸。

今は絶版となっているのですが、特別に譲っていただきました。

サインまでしていただき感激!



そしてこの夜は集平さんと奥様の生演奏も聴くことができて、これまた感激!

いい音楽のもとには、楽しい人が集う。

そう実感したホームパーティーでした。


翌朝のあくびは楽しかった夜の副産物(笑)
2013年11月29日 21:00 カテゴリ:Diary
MARK 固定リンク    トラックバック(0)