Ayumi voxxx

先週、
市町番組を担当していた
ガールズスタッフの卒業会が。

一次会→カラオケ→定番の記憶ナシ

記憶がないまま、
”また”イイコトを言ったらしく、
もはや番組に活かしたい能力。


さて、ガールズ達に。
↓↓

放送業界を志望する人は、
この仕事に憧れを抱いています。

でも、入った当初は、志は高いものの

「何から覚えていいか分からない」、
「どこをどう学べばいいか分からない」

という、壁にあたります。


収録や取材の手順に慣れてくるも、

「自分のしゃべりはこれでいいのか」
「スムーズに話したいけど上手くいかない」

そんな、もどかしさと葛藤に悩む日々がやってくる。


段々、取材先に顔見知りもでき、
編集作業も慣れてくるのが6〜8ケ月目。


そして、

「自分は何をしたいのか、伝えたいのか」
「伝えるためには」

自分の成長とひたすら向き合う日々が続く。
(私はずっとここ)


この答えを出すには、
1年はあまりにも早すぎる時間だと思う。


でも、ガールズ達がスピーチで言ってました

『この経験をステップにしていきます!』

と。 

本当、そうなるといいなと心から祈っています。


学校を離れて学ぶ機会がFM長崎であったこと、
ここに”お付き愛”を大切にするスタッフが
いることを忘れないでください。


1年という短いお付きあいでしたが、
これからも縁は続くのです。
続くのだぞ、みんなー!!

We are FM長崎だぞー!


卒業ガールズの未来がHAPPYな
ことを祈って、

私のありったけの愛を込めて!

Ayumi.H
2013年09月30日 19:50 カテゴリ:Ayumi voxxx
ayumi 固定リンク    トラックバック(0) 

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

<   10月 2020   >
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

リクエスト

プロフィール

カテゴリー

最新の記事

バックナンバー

リンク