キリシタン郡崩れ

今週の史跡チャンネルは

キリシタン郡崩れ関連史跡でした!


「郡崩れ(こおりくずれ)」とは・・・?

1657年 大村藩内の
潜伏キリシタンが
大量に発覚し、
処刑されてしまった事件のことです。


そんな大村の大事件
「郡崩れ」の史跡を
ご紹介していきます!

null

大村市役所の山下さんに
お話していただきました(^^♪
もともと大村は
大村純忠の時代に
領民全員がキリスト教だった
と言われたくらい
ほとんどの人が
キリシタンでした。


しかし、江戸幕府になって
さまざまな理由から
キリスト教は禁止となりました。

大村の初代藩主、純忠の子、
大村喜前(よしあき)も
イエズス会との断交や
宣教師の追放、
領民の仏教への改宗など
全国に先駆けて行っていきました。


しかし、信仰はなかなか
変えられるものではありません(:_;)


大村のキリシタンたちは
表向きは仏教徒として
隠れてキリスト教を信仰していました。



そんな風に表向きは
穏やかに過ごしていた
大村でしたが、

郡村に住む兵作という人が知人に
「郡村に天草四郎の生まれ変わりがいる
彼は萱瀬の山奥に不思議な絵を隠し、
そこで奇妙な術を説いている」と漏らしてしまい、
その話が長崎奉行の耳に
入ってしましました・・・!!

そうして大村藩の
調査により、
603人が逮捕され、
406人が打ち首となりました・・・


この事件のことを
「郡崩れ(こおりくずれ)」といいます。


大村には
この事件に関する
史跡がたくさん残っています。

まずは
「仏の谷」

国道444号線から脇の
山の中に入ったとこにあるんですが、
ここは危ないので
見学はオススメできません((+_+))


「妻子別れの石」

null

現在の西小路の墓地にあります
打ち首が決まった人が
処刑上に行く際、
家族と最期の別れを交わした場所です
石は3つありますが
これらは苔が生えないとも
言われています。

null

続いて
「放虎原殉教地」

null

協和町にある大きな広場に
10メートルくらいの白い、
大きな記念碑です。
ここは打ち首にされた406人のうち
131人が処刑された場所
と言われています。

表のレリーフは
全国の殉教者のため

null

裏のレリーフは
郡崩れの殉教者のためです。

null

4人のキリスト教徒を
天使が迎えにきてくれている絵と
なっていますね。
4人は若い男性、年配の男性、
そして小さい男の子と
その母親と思われる女性。

年齢、男女問わず
キリスト教徒は処刑されたということが
見てとれます。

そして、「獄門所跡」

null

松並1丁目の公民館前に
白いマリア像があります。

ここに処刑された人々の
首を晒した場所だと言われています

この道路は旧長崎街道だったので
多くの人々が通る場所でした
あえて晒して、
見せしめにしたのでしょうか…


最後に
「首塚」

「胴塚」です

名前の通り、
処刑された人々の首と胴を
埋めた場所と言われています。

まずは「首塚」
原口町のかとりストアの裏にあります

null

そして「胴塚」は
桜馬場の竹やぶの中にあります

null

この2つの場所は
約500メートル離れているのですが
これは、キリシタンは
首を切っても
妖術でつながり
復活するという迷信から
離れて埋めたと言われています。


郡崩れとは
直接の関係はないのですが、
キリシタン関連であれば

「今富キリシタン墓碑」

null

「田下キリシタン墓碑」

null

も必見です。

どちらもキリシタンということを
隠し、表向きは
仏教徒のお墓として建てられています。
しかし・・・

今富は墓碑の
上によーく見ると
十字架が…

null

田下はちょっとわかりにくいのですが
お墓を倒して埋めています。
(キリスト教は墓碑を寝かせますよね?)

そして、カモフラージュとして
仏教式の墓碑を立てています

null

しかも、当時はこの墓石は
地面に埋めてたらしいです。

長年の雨などにより
発見された貴重なものです。


このように
たくさんの史跡が残っている
「郡崩れ」ですが
ひとつひとつの場所に
いろんなお話しや
思いが詰まっているのでしょうね…

史跡巡りをされる方は
ぜひ、背景を学んで
巡ることをオススメします!!

null

いつになくブログが
しんみりしてしまった
イケちゃんでした〜(^v^)
2013年01月30日 15:41 カテゴリ:大村の史跡チャンネル
omuranchannel 固定リンク    トラックバック(0)