これしっとっと? NO1

今日から始まった新コーナ「これしっとと?」

このコーナーでは、小耳に挟むちょっと嬉しい(?)長崎情報を紹介します。


女の子  「ねえねえ、知っとる?長崎に生息している猫のうち、
       79パーセントが尻尾が曲がった尾曲がり猫なんだって。」
男の子  「しらんかった。」



null

じげもん朗「長崎のことならまかせんね、じげもん朗です!
       おいが説明すっけん!
       なぜ長崎に尾曲がり猫が多いかというと、鎖国中の
       日本で唯一貿易を許されていた長崎。
       入ってくる貿易船にネズミ対策として乗せられていた
       猫が尾曲がり猫で、その子孫が長崎の地で増えたと
       いう説が有力、でも、その以前にも尾曲がり猫は日本
       に存在していたという説もあるけん、本当の理由は
       長崎のミステリーってなっとっと。」


第1回目は「尾曲がりねこ」。

江戸時代の日本では『尻尾のある猫は、年をとると化け猫になるから』
ということで尻尾のない・短い猫が好まれていたんですね。
長崎に多く生息している尾曲がり猫を調査・研究しているのが
「日本長崎ねこ学会」。
長崎市民の有志により2008年10月 7日、小説「黒猫」の作者
エドガー・アラン・ポーの命日にあやかって設立されたそうです。
そしてゆるキャラとして活躍中のイメージキャラクター
「尾曲がり3兄弟・のんちゃん」は文字通り三兄弟。
曲がり尻尾の長男『のん』、短い尻尾の次男『たん』、
お団子尻尾の三男『ちい』と『尾曲がり猫』の3つの尻尾の特長が出ている
とっても可愛い猫のキャラクターですよ!
日本長崎ねこ学会について詳しくは、インターネットで
検索してみてくださいね!

このコーナーでは、皆さんの長崎「これしっとっと」の情報も大募集です。
どしどし番組まで情報を送ってくださいね。
2014年02月13日 15:41 カテゴリ:「これ、しっとっと?」
aki 固定リンク    トラックバック(0) 

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。