はじめての○○!

こんにちは!りさです。

先日のランタンフェスティバルの余韻にまだまだ浸りつつ
はじめて参加した媽祖行列についてレポートします!!

あらためて【媽祖行列】とは。
江戸時代、長崎にやってきた唐船の船員たちが
航海安全の神とされる媽祖を長崎の安置する様子を再現したもの。



最終日24日(日)は、雲ひとつない快晴!

null

絶好の行列日和でした〜

null

媽祖様をのせた神輿とともに
興福寺を出発し、一行は孔子廟をめざします。

青い服を着ているのが直庫(てっこ)で、
隊列を先導する祭官で、長い棒を振り邪気を払います。

null

とちゅう立ち寄った中島川・眼鏡橋にもたくさんの人がつめかけ
踊りがはじまると、歓声や拍手、フラッシュの嵐!

null

媽祖様をお守りする守護神・順風耳と千里眼。
練習を何度も重ねた演技は息ぴったり。
重くどっしりとした風貌は、近くで見るとさらに迫力があります!

わたしも楽器隊のシンバルで盛り上げましたよーーー!



媽祖行列を始めた当初は、
100人の隊列をたった3人のスタッフでまとめていたそうです。

今では、長崎ネットワーク市民の会をはじめ
たくさんの方の協力によって、媽祖行列は続けられています。

null

印象的だったのが、沿道のお客さんが
地元のひと・観光でいらしたひと関係なく、笑顔だったこと!

長崎には、こういった伝統的な祭事がたくさんあること
楽しいイベントの陰で、いろんな方の努力があること。

番組スタッフとして伝えたいと思い、今回レポートをかきました。


「街を盛り上げたい!」「長崎って楽しいね!」
という想いを全身で感じた1日でした!


やっぱり、わたし……
長崎の街が大好きだーーーーー!
(あらためてね、叫んでみました)

貴重な経験を、ありがとうございました!
special thanks!! 写真:やよい、タッキー、西海Genkiラジオ・いずみ
2013年02月28日 08:30 カテゴリ:長崎市観光情報
aki 固定リンク    トラックバック(0) 

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。