Ayumi voxxx

ジェイミー・カラムを
福岡に招聘したイベンターさんから、
ライブの話を聴きました。

ピックアップに向かうと、
最初にジェイミーが降りてきて、
本人自らバンドやスタッフを順に
紹介してくれたとのこと。


・・・フレンドリーな人だー。


ジェイミーはセットリストを作らず、
彼が鍵盤を叩くと、
それに呼応してバンドが演奏を始める、
という、フリーなセッションスタイル。


・・・バックバンドのスキル、スゲーな。




Tシャツ+ジーンズのストリートファッション。
グランドピアノの上に登ってジャンプしたり、
マイクをもち中央に来て、
ジャミロクワイばりにクネクネ踊りながら歌ったり、
立って歌いながらパーカッションをしたり。


・・・“上品で優等生”なイメージだったけど、
   ライブそうなのね。楽しそー!



『このツアー、
各地で違うカヴァーを入れてるんだけど、
成功する時もあるし、失敗する時もあるよ』

↑↑もちろん英語

(英語は日本人にも聞き取りやすく、
丁寧で、分かりやすい発音だったらしい)


・・・という、MCから、


ホワイト・ストライプスの
「セブン・ネーション・アーミー」を演奏した!!



ま、マジかーーおいッ!!!!!!!!!!!!????????????


ジェイミーのあの声で?

デトロイトガレージを??



本人の声はファンクで、
ジャジーなロックアレンジだったそう。



・・・もう、優等生のイメージ完全に覆ったわ!



しかも、カヴァーはもう1曲、


レディオヘッドの「ハイ&ドライ」!!!!!!!!!!!


・・・超絶イイに決まっとるやないかーい!!!!!!!!!!



終始フレンドリーに、熱く、
会場を盛り上げたジェイミーは、

『遠くない未来にまた来るよ!』

と、言ってステージを後に。


観に来ていた音楽関係者からも大絶賛の嵐。


その後、本人は寿司屋で福岡ナイトを堪能したそう。



海外アーティストが
福岡まで来ることがめっきり減った今、
生に触れ、生の空気に興奮する機会は貴重。

それが分かっているからこそ、
悔しいライブとなりました。


逃した魚は大きい、まさしく。。。


2014年02月10日 20:00 カテゴリ:Ayumi voxxx
ayumi 固定リンク    トラックバック(0) 

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。