Ayumi voxxx

先日、ラジオ教室をやったので、
ラジオのお仕事(主にしゃべり手の)
を、小出しでご紹介。

パーソナリティの仕事は
番組制作やニュースの他に、
我々の生命線ともいうべき
CMのナレーション収録があります。
↓↓


スポンサーさんが売りたい商品
や、開催するイベントの告知など、

PRしたいモノのイメージを大切に、
心を込めて読むのです。

というわけで、

CM原稿には、
細かく“こういう風に読んで下さい”
とイメージ指定があることがあります。

「アップテンポで」とか「明るく」とか
「落ち着いた雰囲気で」とか。

それを見てしゃべり手は、
声のトーンや表情の引き出しをあけるのですが、
これが多いほどいいわけです。
色んなCMがありますからね〜。


私も、

「●●、ライブ決定!」のCMは
ワクワク感を声に込めるようにし、

「ブライダルフェア」ならば、
素敵な結婚式を夢見る女性の気持ちをイメージして、

「ビアホール」ならば、
仲間と乾杯しているシーンを浮かべて
読んだりしています。


気持ちは言葉に乗るものなので、
そこを大事に。という感じです。

そんなわけで、
女優さんや声優さんのCMや
ナレーション番組は
とても勉強になります。

例えば、
ナレーションの中の台詞の部分。

間を置き、かつ、1トーン声を高く
(または低く)することで、
聞き手に主人公とは別に、もう1人が話して
いることを想像させることが出来ます。


声の表情だけで
「怒ってる」、「笑っている」、「嬉しがっている」など
感情を表現するのも難しいですが、
勉強していますよ。


映像のないラジオの世界。
聞き手に想像をしてもらうために
しゃべり手は、声に工夫をしていると
いうことです。

小学生のみんな〜、分かったかな?


難しそうだけど、だからこそ、
ラジオで話すのは楽しいんだよ★


夏だ!石田!
第2回もお楽しみにダーッ!


2013年08月14日 19:00 カテゴリ:Ayumi voxxx
ayumi 固定リンク    トラックバック(0) 

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。