Ayumi voxxx

〜ワンマンで、ワンマン取材をしてみる〜

↓↓



Q.初めまして。自己紹介をお願いします。

A.どうも。
  「HIRAKAWAAN24」って
  バンドを1人でやってます、Vo.Ayumiです。



Q.今日は宜しくお願いします。

A.はい、4649!



Q.早速ですが、バンドの結成について教えてください。

A.結成も何も、最初から今までずっと1人なんで(笑)
  始めたいなと思った時がバースデーっていうか。
  バンドはかれこれ4年ぐらいですね、たぶん。



Q.たぶん・・・ですか。
   1人でバンドというと「大橋トリオ」さん的な
   方向性なんでしょうか?


A.よく例えられるんですけど、楽器は弾きません。



Q.一応、楽器も通った?

A.まぁそうスね、保育園の頃は小ダイコと鉄琴、
  小学生の頃はピアノのカテキョーが来てました。
  半年で弾けたのは「ぶんぶんぶん」。
  後は、アコギをローンで買って、払い終わる頃に止めました。
  「F」、マジ、きついス。


Q.「F」って指がプルプルってなりますよね(笑)
   ところで、「HIRAKAWAAN24」って、
     音楽のジャンル的には何になるんでしょうか?


A.大きくは、ハードロック。
  細かく言うと、アカペラハードロック。
  まぁ、あんまりジャンルどうこうって括られたくないっていうか。



Q.え、ハードロックをアカペラですか???

A.生み出した気がします。



Q.初めてそんなジャンル聞きました。
  いわゆるバックミュージック無しで、歌を楽しんで、と?


A.純粋に。



Q.しかし、ハードロックといえば、
  骨太なドラム、腰に響く重低のベース、
  爆音でエッジの効いたギター。
  特には、リフとか、猛々しいボーカルパフォーマンスに
  皆がシビレるものだと思ってました。


A.音楽は日本海溝より深いんです。




Q.すみません、知識が浅くて動揺しています(汗)
  では、具体的な音楽制作について教えてください。


A.AIRってスタジオ。名前の通り、空気。
  つまり、この世界のどこでもがスタジオですね。
  今、この瞬間のココも、ね。




Q.そこで、曲づくりや歌詞づくりはどのように?

A.いいメロと歌詞が降りてくるのを待ってます。
  待って4年ぐらいかな。



Q.出なくて困ったときは、ルーツミュージックを聴いたり?

A.そうですね、ガンズ、エアロのライブDVDで笑ったり、
  後は、常にライブ意識してカラオケでシャウトとか。



Q.リリースが楽しみです。

A.洋楽棚ね。



Q.ところで、バンド名の由来は?

A.あぁ、よく聞かれます。
  由来を知りたいなら、「Typhoon24」のCDを
  聞いてください。
  オススメは『ハードロックブラザー』です。



Q.では、最後に読者に一言、お願いします。

A.えー、今年もシークレットで、
  SJ12の開場2時間前ライブをやらせて頂きましたが、
  マジ熱かったです!
  ステージを降りて柵前までいっちゃったし、
  とにかく皆、カオスな”朝”をありがとう!



Q.今日は貴重なお時間ありがとうございました。

A.39!マーク、対バン4649!



*お察しの通り、上記インタビューは、
一部を除き本人のがっつりフェイクにつき、
がっつりご了承ください。


2012年09月04日 18:33 カテゴリ:Ayumi voxxx
ayumi 固定リンク    トラックバック(0) 

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。