Guest Photo 【KINGDOM☆AFROCKS】

2012年7月11日

18時台のゲスト KINGDOM☆AFROCKS

メンバー8人の中から(Ba)南條レオさんにお越しいただきました。

アフロビートを軸にした踊れるサウンドが特徴のバンド。

(1960年代後期に「フェラ・クティ」が言い始めたといわれるジャンル。アフリカ音楽にFunk、Jazzがミックスされたスタイルで、メッセージ性の強さゆえレベルミュージックと定義されることもあります。)

ライブで叩き上げた楽曲を収録した1stアルバムと違い、6月27日リリースの2ndアルバム「SanSanNaNa」は新曲ばかりを収録。制作は困難が多かったそうですが、結果的に"日本人だから奏でることができる唯一無二のアフロビート"が表現されたアルバムに仕上がっています!

7/28(土)Fuji Rock Festival

8/31(金)SunSet Live

熱狂のパフォーマンスを体感してみませんか?




◇◆◇THE HAND◇◆◇

「アフロビートにおけるベースの役割は、同じフレーズを延々繰り返すこと。極端にいえば"M"気質(笑)」

と おっしゃっていたレオさん。

ドラム・パーカッションと同じく、リズムを担うベース。

この手がバンドの根幹・底辺を支えています。



KINGDOM☆AFROCKS HP
2012年07月12日 10:27 カテゴリ:Guest Photo
MARK 固定リンク    トラックバック(0) 

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。