天正遣欧少年使節

今週の史跡チャンネルは


大村の誇る

世界に飛び出した4少年たち!


天正遣欧少年使節です!!


null


天正遣欧少年使節とは

今から430年前の
1582年

安土桃山時代に

正史
伊藤マンショ(15歳)
千々石ミゲル(14歳)

副史
原マルチノ(13歳)
中浦ジュリアン(15歳)らが



日本のキリスト教布教のためと

日本人がヨーロッパ世界の
すばらしさを理解させることを
目的として


ヨーロッパに旅立った使節団のことです(*゚▽゚*)


まぁ・・・
本布教の成果を
教皇や貴族にアピールし
活動資金の増額をお願いするという
おとなの事情もあったようですが・・・



それはさておき、

彼らは2年半の歳月をかけて

ヨーロッパに到着しました。


日本初


正式なヨーロッパ訪問です!!


彼らは行く先々で歓迎を受け、

なんと!

この時代のキリスト教の
最高峰であるローマ法王
謁見し、

さらに!!
新教皇の戴冠式にまで

出席を許されたんです!!

まさに日本人初の快挙ヽ〔゚Д゚〕丿スゴイ


そして彼らは実に
出発してから
8年5カ月もの歳月をかけ、
日本に帰ってたんですが・・・


帰ってきたら
時代はまさかの

キリシタン禁教時代!!(°д°;)ウソ〜


日本人初の快挙を
成した彼らを
待っていたのは
栄光ではなく
苦難の道だったのです。。。(ノД`)ウェェン


しかし、彼らが持ち帰った
活版印刷機などなどは
日本の文化に多くの影響を与えました。


日本ではキリシタン禁教により
300年間
日の目を見なかった
天正遣欧少年使節ですが

ヨーロッパでは彼らのことが
長く記憶され
日本は高度な文明国として
知られていたのでしたヽ(^o^)丿スゴイ☆


そんな彼らは

大村図書館前にある
天正夢広場には
彼らと
彼らがヨーロッパで最初に到着した地
ポルトガルのリスボン港にある
ベレンの塔を
モチーフにした時計台と

null

null


長崎空港近くにある
森園公園には
彼らをたたえる銅像がたてられています。

null

ちなみに、

この先頭の少年

伊藤マンショが指差している方向は
ローマなんです!!

彼らが夢見て
目指した土地の
ローマ。。。


なんだか熱い思いを
感じますね(^◇^)★

null

ローマに行ってみたい
イケちゃんでした。
2012年11月28日 15:59 カテゴリ:大村の史跡チャンネル
omuranchannel 固定リンク    トラックバック(0) 

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。