気になる

台風11号についての説明会が、長崎市内の長崎海洋気象台で開かれました。

15日お昼までの予想では、台風はゆっくり東シナ海を北上し朝鮮半島方面に進む見込みで、長崎では明日、明後日と次第に風が強まり、沿岸の海域ではうねりを伴って波が高くなります。

また、対馬海峡付近の秋雨前線の活動が活発になる見込みで、壱岐・対馬では大雨に対して警戒が必要だそうです。

あまり知られてはいませんが気象台では、このように長崎に影響がありそうな台風が発生すると、その都度説明会を開いています。各マスコミももちろんですが、自治体や消防、警察、港湾関係の方など直接防災に関わる皆さんが熱心に説明に聞き入っています。

FM長崎でも16日は、状況によっては、通常の番組を変更し、最新の台風情報をお伝えする準備をしています。


2007年09月15日 16:54 カテゴリ:1・清島亭
katsuki 固定リンク    トラックバック(0) 

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。