通常

ほうれん草のスパゲティ…といったら、サッと茹がいたものが合えてあるか、冷製パスタにナマのものを入れてサラダ風にしてあるものを思い浮かべますよね〜。

今日オーダーしたこちらのメニューには、ご覧のように“葉っぱ”は何処にも見当たりません。『ほうれん草のパスタ』と、ベーコンのスパゲティというのが、正しい表現のようです。

よく“カリカリベーコンが良く合います”とかいう文言を3流タブロイド誌で見かけますが、やっぱベーコンの一番旨い食べ方は“ナマ”でしょう。

このベーコンは、焼き過ぎず、絶妙のタイミングで調理してあり、肉本来の旨味を楽しむことができます。さらに、肉汁に含まれる塩気が良いアクセントとなって、ソースの味に深みを与えています。
『具の少なかたいなぁ』と、お感じの方もいらっしゃるかも知れませんが、ソースが旨ければ、パスタはシンプルなほど良い…と信じて止みません。


2007年01月26日 14:22 カテゴリ:旧ブログエントリー
katsuki 固定リンク    トラックバック(0) 

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。