愛、のようなものを。

みた気がしました。
一青窈Yo&U Tour'06 @長崎ブリックホール。やはり、細くて儚くてでも力強い、素敵な女性でした。
かざぐるま、ハナミズキほのような柔らかい曲は勿論、アルバムの中の曲やC/Wの曲などポップでキュートな曲もあり、いろんな表情の 一青窈さんをみることが出来ましたョ!MCでは長崎話を惜しみなく披露!修学旅行そして大学時代に、長崎の色〜んな、なかなかディープな場所を訪れておられました。さらに今回は前日から伊王島でサイクリングをしたり、眼鏡橋に行ったり、原爆資料館に行ったり浜町を歩いたりと、「ちょっとちょっと!もしかして町中ですれ違ったかもよ?!」的な興奮を与えてくれました(笑)。また、今回の長崎旅をおさめたビデオを上映したり、お客さんの為にお土産プレゼントコーナーもあったりと(トマトをもらった女の子〜!!きっと美味しかっただろうなぁ♪)、本当に全国ツアーその場所その場所でしかみられないであろう素敵なステージでした♪
今回のライブ、全体を通して、一青窈さんという人が大切にしたい思い、メッセージといのが伝わってきて、心が柔らかくなっていくのを感じました。彼女が紡ぎ出す歌もそうだし、歌っているときの仕草とかステージの雰囲気とか何気ない言葉とか。
「好きな人の幸せを願う事から一歩進んで。好きな人の好きな人、その人の幸せも願うことができたら。」ハナミズキを歌う前のその一言がとっても印象的でした。
優しさとか愛とか、目に見えないはずのモノを目にしている気がした、そんなライブでした。



2006年04月24日 14:30 カテゴリ:旧ブログエントリー
nakamura 固定リンク    トラックバック(0) 

トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。